コンクリート床 湿潤養生ならフロアエージェントまで

無料簡単お見積り LINE@

求人応募・問合せLINE LINE@

  • HOME
  • コンクリート床 湿潤養生

コンクリート床 湿潤養生

コンクリート床 湿潤養生
ご質問・お問い合わせはお気軽に

物流倉庫や工場など、大面積のコンクリート床の散水養生・シート養生・湿潤養生は、フロアエージェントにお任せください。フロアエージェントはコンクリート打設仕上げ当日の湿潤養生をご提案いたします。

なぜ新設コンクリートには仕上げ直後の養生が必要か

▲打設当日に散水を行いシート張りを行う

湿潤養生作業は仕上げ直後のように仕上げの不良がすぐに表面に現れるわけではないため、ついおろそかになりがちな作業ですが大変重要な工程です。フロアエージェントが施工に入らせていただく現場では、床コンクリートの散水シート養生の時期は打設当日に行うことを提案しています。

▲シートの上からネットをかけ養生開始

通常、養生は打設の翌日に行われることが多く、それでは打設当日から翌日にかけてコンクリート表面は著しく蒸発し乾燥していってしまいます。

▲当日の養生がコンクリート床の品質を左右する

特に膨張剤を入れた場合、打設仕上げ直後の養生から10日間行うことでその効果を最大限に引き出します。養生を怠ることは品質を軽視していると言わざるを得ないほど、コンクリート床の品質を左右する工程だと言えます。当日養生の実施を推奨しています。コンクリートが硬化する際の水和反応で、必要とされる水分が蒸発してしまうと、乾燥収縮やプラスティックひび割れなどが発生する原因となります。

▲ひび割れの様子

コンクリートが硬化する際の水和反応で、必要とされる水分が蒸発してしまうと、乾燥収縮やプラスティックひび割れなどが発生する原因となります。また、物流施設は施工時の環境として風の強い場所で施工する場合も多いことから、散水養生においても計画段階で当日養生の実施を推奨しています。

フロアエージェントは打設当日にコンクリート床養生を行う理由

JASS5によると、養生マットなどで覆い水分を維持する湿潤養生は仕上げ後に行う必要がある、とありますが、フロアエージェントではコンクリート養生は金鏝仕上げ当日が「養生のゴールデンタイム」であると考えています。

物流倉庫の現場のように、風速5m/s以上があるような場所であると、水和反応に必要とされる水分の蒸発が早いため、打設直後に散水をしてポリフィルムで防いだほうがプラスティックひび割れ、乾燥収縮ひび割れを防ぐと考えられます。耐久性向上のためにも重要な役割を担うため、かかせない工程としてフロアエージェントでは打設当日行うことをご提案いたします。

▲図1
※セメント・コンクリート論文集/71巻(2017)1号「脱形時期及び給水養生開始のタイミングがコンクリートの表層品質に及ぼす影響」より

通常よくあることとして実際の現場では、打設終了後そのまま風ざらしにして、翌日の朝8時半に散水を開始する現場が見受けられます。
 打設終了から散水開始まで12時間放置したままになり、その時蒸発した水分は取り戻せません。
 養生の開始時期を打設直後にして乾燥を防ぐことが、後のプラスティックひび割れや、乾燥収縮ひび割れの数の減少につながります。

実際に、コンクリート床仕上げ直後に散水し湿潤養生を開始したコンクリート床と、仕上げ翌日に散水をし湿潤養生を開始したコンクリートでは、直後に湿潤養生を開始したコンクリートの方が、コンクリート強度が高まるということが分かっています。(図1)

フロアエージェントが提案する「電解水」を使った養生

私たちはコンクリート床仕上げだけでなく、物流倉庫引渡し前の洗浄も行っており、その知見から洗浄に有効な「強アルカリ電解水」を湿潤養生時の散水に利用する、「電解水湿潤養生」を開発しました。

画像はコンクリート打設当日に、水道水による湿潤養生(画像左)を行い、もう一方には電解水による湿潤養生(画像右)を行った新設のコンクリート床のシート養生を剥がした際の写真です。

▲水道水による湿潤養生と電解水による湿潤養生の、養生明けの床

水道水による湿潤養生床に比べ、電解水湿潤養生を行った床の方が明らかに白華が少ない結果となりました。

これはアルカリ電解水が、抜けた水分に対し補充されたため、蒸発および収縮による水和反応で水分が抜けきった白華に対して、アルカリが補う役割をしていると考えます。

通常はph12.5付近がコンクリートのアルカリ値ですが、弊社で行う養生にはph8~10のアルカリ性の電解水を使用してます。

-->
▲洗浄にも電解水を使用

また、電解水はコンクリート床に対し、保湿の役割・洗い水としての役割の2役を兼ね備えているため、養生シート痕の洗浄や引渡し前洗浄にも適しており、洗った後の水も無害であることが特徴です。

▲自社にて独自に電解水を生成

コンクリート表層に対して相性が良く、電解水を使用した「養生」と「洗浄」の相乗効果で水和反応の抜けたアルカリ性を補い、コンクリートの緻密化を促進します。

弊社では、独自にアルカリ電解水を生成しており、散水養生だけでなく、床洗浄にも今日アルカリ電解水を使用しています。

お問い合わせ後の流れ

弊社にご連絡を頂いて最短で当日または数日(※混み具合にもよりますので一度ご連絡ください。)で概算のお見積りをお送りいたします。詳細な見積りにつきましては現場調査を行わせていただき、お見積りを当日または2日~3日後にご提出して、ご採用の決定をして頂き、施工に着手致します。

ご質問・お問い合わせはお気軽に

概算のお見積り・施工単価

弊社にご連絡いただき、現場情報を頂ければ概算にてお見積りをご提出いたします。概算ですので後日現場確認を行い、再度お見積り後に決定頂きます。養生単価(施工面積1,000㎡以上の場合)200円/㎡

※材料費、養生剥がしおよび洗浄は別途お見積りいたします。
電解水を使用する場合、220~230円/㎡となります。詳しくはお問い合わせください。

※各種面積や用途、施工内容、施工条件などによって費用も増減しますので一度ご相談ください。お問い合わせいただけましたら、使用用途や平米数を伺った上で詳細なお見積もりをお出しさせて頂きます。

※上記費用の他に諸経費、法定福利費等が追加されます。

※ご依頼いただく地域によってもお見積もりに変動がございます。

-->

フロアエージェントの湿潤養生施工手順

①散水
仕上げ直後に散水を行います。

この時に電解水にて散水養生を行うと、コンクリート表層部のセメントの水和反応を促進させ、白華の少ない床に仕上がることが分かっています。

②ポリエチレンシート張り付け
シートは継ぎ目を100mm重ねて密着させ、床とシートの中にある空気を押し出しながら貼っていきます。際やシートの張れない場所は布などで水湿しを行い、乾燥を防ぎます。

③湿潤養生開始
シートの上からネットをかけます。短くても5日間、できれば5日間以上養生を行います。

④養生剥がし
十分に養生期間をとった後、シートを剥がします。

⑤シート痕洗浄
騎乗式トロウェル洗浄を行うと、大面積の床洗浄が1時間あたり2000㎡のスピードで洗浄ができます。さらに電解水を使用することで養生シート痕をきれいに取り除くことができます。
この工程のあとに、表面強化剤を散布をご提案しています。-->

⑥完成
耐久性および美観に優れた床が仕上がります。

ご質問・お問い合わせはお気軽に

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 --
メール*
内容*

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 - -
メール
内容*