無料簡単お見積り LINE@

社長直通LINE LINE@

刷毛引き仕上げ

各種滑り止めの刷毛引き、フロアエージェントにお任せください!

刷毛引き仕上げとは、コンクリート床上面に刷毛目状の粗面仕上げをし、滑り抵抗値を上げ、ノンスリップ効果を得ることができるコンクリート仕上げで、フロアエージェントでも多くのお客様からご依頼をいただいております。

駐車場やスロープ、車庫や駐輪場、犬走やアプローチなど、滑り止めを施したい場所に合わせ、使用目的を考慮し、刷毛を変えることであらゆる用途に対し、滑り止め効果を実現します。各種滑り止めの刷毛引きは弊社までご連絡ください。

フロアエージェントが行う刷毛引き仕上げでは以下の3つを特徴としています。

① 用途に合った刷毛の選定

フロアエージェントではお客様が希望される用途により、刷毛の粗さはどの程度がいいのかを検討し、7種類の刷毛から使用目的を考慮して刷毛を選定します。
例えば駐車場やスロープであればシダの刷毛を用います。この刷毛は表面が粗くなるのが特徴です。多くの車両が通行する場合、刷毛目が薄いと2〜3年で刷毛目が薄くなり、スリップの恐れがあります。
車庫や駐車場であればナイロンで作られた刷毛を用います。
犬走やアプローチであればほうき状の刷毛を用います。
どの用途においても、刷毛のメリットが阻害されない様、刷毛を選定し、刷毛目を引きます。コンクリートの質やコンディションによって刷毛を変更する場合もあります。

  • シダの刷毛 ▲シダの刷毛
  • ナイロンの刷毛 ▲ナイロンの刷毛

② 刷毛引き仕上げを最大限に活かすためのコンクリート打設

刷毛引き仕上げを最大限に活かすためのコンクリート打設

本来の刷毛引き仕上げの目的である、滑り止め機能を十分に発現するため、コンクリート均し後に床に円盤掛けを行い、トンボ跡を消すと同時に不陸調整を図り、制度の高い床を打設します。そうして完成したコンクリート床に刷毛引き仕上げを行うことで、ひび割れ抑制、及び滑り止め効果を高め、水はけのよい、機能を満たした床が完成します。

③ 刷毛を引くタイミング

刷毛を引くタイミング

刷毛引きはどれも一発勝負です。コンクリート打設後、表面が若干やわらかいうちに粗く引きます。金鏝押えを行い刷毛を引く際、全ての面積に対し、同じタイミングでなければ統一された刷毛引き仕上げにはなりません。また、日陰と日向、日当たりを十分に考慮して同じタイミング、同じ刷毛を引くように計画します。
さらに、打継を作る場合は、継ぎ目の色や線が目立ちやすくなるため、打継はどこで切るのが良いのかも十分に検討します。 打継部分を目立たせず、不陸のない美しいラインを描くことが大切です。刷毛目について、薄すぎず、粗すぎない仕上げや、やや薄め、やや濃いめなどお客様からのご要望にもお応えします。

3つの特徴を踏まえ、フロアエージェントでは以下のような施工手順で刷毛引き仕上げを行います。

荒均し

① 荒均し

※ポンプ筒先より圧送されてくる生コンクリートをカッパギで荒均しを行います。

トンボ均し トンボ均し

② トンボ均し

※レベル確認後、双方に当たり出しを行い、縦方向にトンボ定規均しを行います。

トロウェル円盤掛け

③ トロウェル円盤掛け

※均し終了後、床面の凝結において、スムージングディスク(円盤)をハンディトロウェルで行い、ムラ取り・不陸調整を得ます。

トロウェル機械ゴテ押え

④ トロウェル機械ゴテ押え

※【手押さえ、フレスノ仕上げ、トロウェル、モスキート機械仕上げ、騎乗式機械仕上げ、ポリアセタール材使用金鏝仕上げ】各種用途により適切な仕上げを行います。

定規設置、刷毛引き仕上げ

⑤ 定規設置、刷毛引き仕上げ

※コンクリートの表面を刷毛で引いて、凹凸に仕上げる。
化粧的な意味や、滑り止めとして人が歩く場所や車が通行する場所に適した仕上げになります。

完成

⑥ 完成

刷毛引き仕上げは一度引き始めるとと修正することができないため、私たち床の専門職工ならではの卓越した技術の結晶が刷毛引き仕上げです。ご依頼いただく前に計画調整をはじめとした打合せをさせていただき、お客様から刷毛の要求品質を伺い、お互いの品質が合致した後、施工に入らせていただきますので、一度お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 --
メール*
内容*

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 - -
メール*
内容*