無料簡単お見積り LINE@

求人応募問合せLINE LINE@

  • HOME
  • コラム
  • ハツリによるコンクリートの亀裂は危険?表層の見た目以上に躯体が傷ついているかも

ハツリによるコンクリートの亀裂は危険?表層の見た目以上に躯体が傷ついているかも

レベルダウンとは、床の高さを下げる工事の一種です。目的は急な勾配をレベルダウンによって緩和したり、天井高を確保するために床レベルを下げて天井高を確保するレベルダウンなどがあげられます。不陸修正や改修工事の際にも行われています。

レベルダウンの工程の大部分を占めるのが、グルービングと言われるカッターと、電動チッパー、ダイヤモンド研磨機による機械と工具でレベルダウンを行います。

ここで疑問なのは一般的なハツリとレベルダウンの違いは何でしょうか?それはコンクリートの躯体を保護しながら床レベルのみを落としていくのがレベルダウンで、コンクリートを単純にハツリ、壊していく作業がハツリになりますので、レベルダウンはハツリに比べて難易度が高いと言えます。

どのようにして躯体を保護してコンクリートを傷つけずに床レベルだけを下げていけるのか?それはグルービングと呼ばれるコンクリートを10mm〜20mm間隔で、所定の削り深さまでカットすることで、躯体を保護する役割を担います。
解体工事で行うハツリのような視点で、レベルダウンのハツリを行ってしまうと、建物の構造部が甚大なダメージを受けてしまう場合があります。

コンクリートの亀裂に要注意!ハツリの衝撃が原因のひとつ

レベルダウンのハツリで最も気を付けるべきポイントが、躯体コンクリートに亀裂を生じさせないことです。コンクリートは頑丈な素材と思われがちですが、実はハツリのような点の衝撃に弱いという特徴があります。そのため、ガンガンと点で衝撃を加えるハツリが、コンクリートに亀裂を生じさせることがあるというワケです。コンクリートの亀裂は建物の耐用年数を著しく損なうトラブルの原因となります。

ハツリによって発生した表層の亀裂から侵入した二酸化炭素がコンクリートに含まれる水酸化カルシウムと結合し、本来は強アルカリ性のコンクリートが中性に変わる現象が起きるとされています。(これを中性化といいます。)コンクリートが中性に変わると、中にある鉄筋が酸化によるサビを引き起こし膨張するため爆裂を引き起こします。このようなメカニズムで、躯体への亀裂が建物の寿命を縮めてしまうのです。

また、ハツリによって生じた亀裂が、工事最中のトラブルの原因になるケースもあります。レベラー材という液体を流し込むだけで床面を平滑にできるセルフレベリング工事を行なった際に、レベラー材がコンクリートの亀裂に入り込み、階下に滴り落ちてしまったという事例もあります。

コンクリートの亀裂は、表層だけの軽いダメージに見えても、実は深層に到達していることもあり、見た目以上に深刻なことがあります。しかも、一度生じると、根本的に修理することが非常に難しくなります。そのため、大小に限らず亀裂は生じさせないことが一番なのです。

コンクリートの亀裂は見た目以上に深い場合が

▲コンクリートの亀裂は見た目以上のダメージがある場合も

なぜ誤ったハツリが無くならないのか?解体工事と補修・改修の違いに注目

コンクリートに亀裂が生じるような誤ったハツリが行われる理由の一つが、ハツリとレベルダウンの違いがわからないことにあると考えています。解体工事などのハツリにおいてはコンクリートの亀裂を気にする必要がない一方で、建物を使い続ける目的で行われるレベルダウンは、十分に気を付けないといけないという違いがあります。

しかし、「ハツリ作業だから」という理由で解体工事を得意とする会社にレベルダウンのハツリを発注し、ガリガリと削ってしまいトラブルが起きる場合があります。

特に、建物の構造上重要な部分とされる躯体に亀裂が入ると大問題です。耐用年数の見積もりが著しく損なわれるため、不動産価値が落ちてしまいます。そのため、レベルダウンを目的にハツリが必要な場合、コンクリート補修を行っているコンクリート工事会社に依頼することをおすすめします。

ハツリによる亀裂を防ぐには?工夫次第で1mm単位の調整が可能!

ハツリによる亀裂を防ぐために冒頭にも述べてありますが「グルービングカッター」で溝をつけてからはつり作業を行います。グルービングカッターで事前にハツリの深さまでカッターを入れます。はつりたい箇所にカッターで溝を付けた後にはつることで、溝に斫り時の衝撃が吸収され健全層が傷つく可能性を軽減できるのです。

ハツリはグルービングカッターとチッパーの組み合わせで
▲グルービングカッターで入れた切れ目

この工夫のもう1つのメリットが、ハツリの微調整ができる点にあります。フロアエージェントでは、研磨機を使用して1mm単位の床レベルを調整することが可能です。

例えば、鉄筋を覆うコンクリートの厚みである「かぶり」が、10mm薄くなると、耐用年数が10年落ちると言われています。そのため、削り厚みも重要工程と考え丁寧に1mm単位で落とすことも可能です。

以上のことから建物を長く使い続ける目的で補修・改修を行うお客様から弊社のレベルダウンがご好評を頂いています。

チッパーによるハツリ
▲チッパーによるハツリの様子

物流倉庫の次世代化がハツリの活躍シーンを広げている?不陸調整がAGV導入の前提

レベルダウンを目的とするハツリは注意が必要な作業であることをお伝えしました。近年では、コンクリート表層の凹凸を除去する「不陸調整」が目的のハツリが無人搬送車(AGV)が走行する物流倉庫で求められていることからフロアエージェントの「亀裂が生じないレベルダウン」が活躍するシーンが増えています。

AGVは小さなタイヤで走行するため、経年劣化でコンクリート表層に生じる10mmから50mmの段差が障害物になってしまいます。この微妙な不陸を除去するためのハツリに、1mm単位で調整が可能なフロアエージェントのノウハウが役立っています。

建物を長く使い続ける目的で行う補修・改修で、耐用年数を損ねてしまうと本末転倒です。安全なハツリを行うことのできる会社をお探しであれば、フロアエージェントにご相談ください。

https://www.fa-concrete.com/leveldown.html