HOME > コンクリート均し機 ・ミニスクリード工法(mini screed)

無料見積・相談 年中無休 TEL:03-6809-6031

loading

コンクリート均し機
ミニスクリード工法(mini screed)

ミニスクリード工法が世界中で選ばれている理由

世界中で機械化によるスクリード工法

弊社では、密度の高いコンクリート打設にこだわり、耐久性、摩耗性、衝撃性に優れたコンクリートを施工致します。特にひび割れの抑制には力を入れており、施工計画から打設後の養生に至るまでひび割れ抑制を重点に考えた施工プロセスにて工事を行います。豊富な施工ノウハウと経験を駆使し、工場、倉庫、鉄骨造をはじめ、さまざまな床コンクリート工事を実施します。作業員1人の現場から数十人で作業する大型物件まで迅速に動員致します。また、弊社では他社にはない再振動締固め機で行う再振動高密度コンクリート工法もございますのでお気軽にご用命ください。

仕様概要

ミニスクリード工法の目的

弊社では自動コンクリート床均し機、ミニスクリードによるコンクリート均しを施工することで床レベル精度の向上と全体平面の均一化を図ると共に、締固めアマ出し効果によるひび割れ抑制、施工性の省力化による作業の軽減を実現することで従来の床コンクリート工事の課題を解決することを目的とする。

床精度の向上について

従来コンクリート打設時の均しはバイブレーター(棒付き振動機)のみの締固めでしたが、ミニスクリード工法では通常のバイブレーターによる締固めと、ミニスクリードの平面振動によるタンピングとアマ出しタンピング効果も同時に得られることで、コンクリート中の気泡やエアを除去し、より密実で均一な締固めが可能になります。

SOMERO社認定 技能講習修了施工店

弊社ではsomero社より専門のインストラクターによる指導を受け、すべての操作講習、安全講座を修了している技能者が現場にて施工するため安全作業と床レベル精度の安定と最適なコンクリート均し(下地)が形成できるので安心です。

仕様概要

省力化となる決め手はコンクリート均し時の4つの作業工程がミニスクリード1台で可能になります

型式:レーザー制御式コンクリート均し及びスクリード機械装置
製造社:ソメロ・エンタープライズ (Somero Enterprises,lnc.)
モデル:ミニスクリードC ( Mini Screed C )
重量:219kg
バイブレーター:12V電気バイブレーター3000RPM

パワーユニット・エンジン

エンジンモデル:ロビンアメリカEX17
出力:6馬力@3600RPM
燃料:ガソリン 最低87オクタン
始動:リコイル(反動)プルスタート
バッテリー/電気:12V直流、200ワット交流機付き(16.6アンペア)
運転制御:手動スロットル及び電動遮断付きチョーク
エンジンオイル:SAE10w-30,20w,30w

全体寸法

高さ:1092.2mm(タイヤ底から制御コントロール後部まで)
1651mm(レベル棒設置時高さ)
幅:787.4mm(制御コントロール、タイヤ幅)
2216mm(コンクリートレーキ※かっぱぎ幅)
ブレード幅:2114.55mm(トンボ均しタンパー幅)

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 --
メール*
内容*

無料見積・相談 年中無休 TEL:03-6809-6031

facebookページTwitterYouTubeアメブロ