• HOME
  • コラム
  • 塗り床よりも低コストで美しい!コンクリート床の研磨仕上げのススメ

塗り床よりも低コストで美しい!コンクリート床の研磨仕上げのススメ

東京都でコンクリート工事を手がけているフロアエージェントです。

 

弊社では、コンクリート土間工事における研磨仕上げの技術・品質向上に注力しています。というのも、研磨仕上げが秘めている可能性に気がついたからです。まず、研磨仕上げの需要が高まっていることが挙げられます。このことは、弊社が市場調査のために定期的に訪れているアメリカの展示会において肌身で感じました。さらに、研磨仕上げの技術は日進月歩を遂げています。そのためコンクリート土間工事の先進国のアメリカでは、工事と研磨仕上げが一体となって行われることが増えているのです。今、まさにコンクリート土間工事は塗り床から研磨仕上げへの転換が起こっている最中なのです。

 

なぜ研磨仕上げが注目?

日本の土間コンクリート工事では、いわゆる塗り床が一般的となっています。特にそのなかでもエポキシ樹脂や硬質ウレタンといった素材が仕上げ材の代表例です。研磨仕上げを行えば、手間のかかる塗り作業を行わずに美観に優れ、強度の高いコンクリート床を形成することができます。これが、アメリカだけでなく日本でも研磨仕上げが注目され需要が高まっている理由です。

 

研磨工法の優れた点

 

1.塗らないから剥がれる心配がない。

 

塗り床は経年劣化にどうしても弱くなってしまうデメリットがあります。表面の仕上げ材が歳月を経ることによって剥離してきてしまうのです。元々のクオリティや環境条件によるところもありますが、5~10年でメンテナンスが必要となり、費用がかかります。

 

一方、研磨仕上げの場合には、研磨によって表面を仕上げますので表面が剥離してしまう心配がありません。そのため、コンクリート土間工事における研磨仕上げは、塗りによる仕上げと比べてメンテナンス費用を抑えられる点において優れているということができます。

 

2.強度が増す

 

コンクリートの表面にはミクロ単位で形成された微細な凹凸が存在しています。研磨仕上げでは、そうした0.3㎜くらいの層を研磨によって削り取ります。このようなプロセスを踏むと、表面の脆弱な層の下にある強固な層がむきだしになり、コンクリート土間の強度が向上します。さらに、弊社では削り取った後に浸透性の強化剤を加えていきます。

 

3.美観に優れる

 

研磨仕上げを行ったコンクリート土間は印象的な美しさを備えています。例えば、カラークリートによる緑のコンクリート土間はいかにも工場といった印象です。しかし、研磨仕上げを行ったコンクリート土間はデザイナーズマンションの打ちっぱなしのコンクリートのようにお洒落な印象です。また、カラークリートを用いた塗り床はタイヤ跡が残ってしまったり、傷が目立ちやすかったりと美観がすぐに損なわれてしまいます。そのため後々の不動産価値を考慮する方々は、評価価値の要素となる美観を保つために研磨仕上げを採用されています。

 

4.掃除がしやすい

 

工場や倉庫では、粉塵が床にたまりがちです。コンクリート床の微細な不陸に粉塵が入り込んでしまうのです。しかし表面の凹凸を削り取る研磨仕上げでは、表面に微細な不陸がありません。そのため掃除を効率的に行うことができ、美しい内観を維持することができます。

コンクリート研磨工事・鏡面仕上げ

研磨による光沢感は磨く回数によって変わる

研磨仕上げにも様々な種類があります。弊社ではお客様のご要望に応じて、それぞれ異なる仕上がりを研磨仕上げによって行っています。例えば、商業施設では印象を重視するため、顔が映るほど綺麗にすることが求められます。

 

フロアエージェントならワンストップで研磨仕上げ

実は、フロアエージェントのように研磨仕上げを手がけるコンクリート土間工事会社は非常に少ないのが実情です。その理由として考えられるのは、参入障壁が高いことです。研磨仕上げと一口に言われていますが、研磨仕上げを行うためには、集塵機や発電機といった高価な機材が必要となります。全体で500万円程度です。時間をかけて、何度も研磨仕上げを繰り返すことで光沢感がある床をつくっています。

 

建設業界では工程ごとの企業間連携が浸透していますが、弊社の場合にはワンストップで研磨仕上げまで行っています。ワンストップで行うことの最大のメリットは、お客様が窓口を一本化できることです。あれやこれやと工程ごとに頭を慌ただしくする必要がなくなります。実際のところ、研磨のことまでを考慮に入れている職人はあまりいないようです。

 

事例紹介

最後に、研磨仕上げの事例を紹介したいと思います。当初の床は均しっぱなしといった印象でした。お客様は美容院を経営されている方です。そのため美観は非常に重要です。そこで、耐久性を引き上げながら、美観を保てるようにする施策として、研磨仕上げを提案しました。見違える美しさに仕上がり、お客様にもお喜びいただきました。

 

床を変えれば室内空間の印象は一変します。より使い易く清々しいコンクリート床をご希望なら、研磨仕上げをご検討ください。弊社の技術とノウハウでお応えいたします。