無料簡単お見積り LINE@

実績情報 - 廊下部床 レベラー工事

レベラーを流し込む前日、打設箇所に留め枠を設け、漏れなどを防ぎます。

新設の場合、SL専用の特殊ブラシを用いて清掃し、ブロア等でゴミを除去します。

SL専用プライマーをデッキブラシ等で下地に馴染ませます。

SL材が漏れないよう、漏れ留め処理を施します。

床レベルを考慮しながらSL材を均等に流し込みます。

特に廊下部分はコテなどで正確に墨合わせを行いよりレベル精度を確保します。※セルフレべリング材は材料の持つ自己水平性で水平になりますが、多少の歪みは職人により正確にレベル調整することでより精度の良い床を作ることができます。

床レベルを考慮しながらSL材を均等に流し込みます。

より水平になるようにトンボ等でレベルを合わせながら丁寧に均します。

床レベルを考慮しながらSL材を均等に流し込みます。

流し込み完了。

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 --
メール*
内容*

お急ぎの方はこちら

03-6809-6031

03-6809-6031

メールでのお問い合わせ

お名前
お電話番号 - -
メール*
内容*